労務費ダウン


労務費ダウンは、最もベーシックな改善活動で、重要な取組である。賃率改善と労働生産性向上の2つが改善ポイントとなる。

 

労働生産性向上は労務費ダウンだけでなく、活用人員化にもつながり、より付加価値が高い作物の生産や、面積拡大への対応を可能にする。


適正時給で能力を引き出しコストダウン


労務費ダウンの1つ目のポイントは賃率改善である。

 

単純に時給を低下させることは改善とは言えない。やみくもに時給を切り下げると短期的な効果はあるが、次第に従業員のモチベーション低下を招き、作業パフォーマンスが低下し、逆にコストアップ要因となる。

 

賃率改善とは、適正な時給を設定し、動機づけを図ることで、作業パフォーマンスが向上し、作業単位当たりの労務費コスト低減につなげることである。

 

例えば、時給1,000円/hのパート従業員について、現状の包装作業に加えて作業改善の役割を追加したケースを考えてみる。これまで、時給を1,050円/hに上げても、作業改善により包装作業が、4時間で400袋から、4時間で440袋に10%増加した場合、1袋当たりコストは10円/袋から9.5円/袋となり、コストダウンできる。

 

また、これまで社員(時給換算で2,500円)がしていた作業を標準化し、スキルを必要としない作業に改善して、パート従業員(時給1,200円)が作業移管するケースも、コストダウンになる。

ロスを見える化して、労働生産性向上

労務費ダウンの2つ目のポイントは労働生産性向上である。

 

労働生産性とは、農作物を生産(OUTPUT)するために、作業者を何人、何時間を投入(INPUT)したかの効率をあらわす指標で、一般的には、OUTPUT÷INPUTで算出される。例えば、小松菜1,000袋を包装するために、4人で5時間作業したとすると、小松菜包装作業の労働生産性は、1,000袋÷20人・時と計算され、50袋/人・時となる。

 

労働生産性向上を図るためには、OUTPUTを増加するか、INPUTを削減する方向性が考えられる。

 

OUTPUTが一定だとすると、作業効率化によりINPUTである作業時間または人数を減少させる必要がある。作業効率化を図るためには、作業投入時間のうち、価値を創出している時間と、それ以外のロス時間に区分して、どんなロスがどの程度発生しているか?を見える化して、改善することが有効である。

 

定量化したロス区分ごとに、ロスの発生している現象と要因を調査し、優先順位付けして改善検討して、改善実施することがポイントとなる。また、改善実施後に成果が出ているか(ロス削減できているか)を定量的に定期的にモニタリングし、実効成果を見える化することも重要である。

 

作業する上で、問題点はたくさんあるが、ロスを区分化して定量的に見える化し、一つ一つのロスに対して、地道に改善を積み上げることで、30%の生産性向上を図ることは、難しいことではない。ロスと改善効果を見える化して、従業員を巻き込みながら、やりづらい点を改善することは、経営面においても、労働環境面においても有用である。

 

一方、機械化・自動化によるハード面からの改善も考えられる。一つの策ではあるが、その前に作業をいかにロスなく改善しておくか?が最も重要であり、無駄な投資を抑制することにもつながる。

さらに詳しく

ここから先のコンテンツをご覧いただくには、ご覧いただいている方の情報登録をしていただく必要がございます。

お手数ですが、以下より情報のご登録をお願いいたします。

<上級者向けコンテンツ(パスワード制限付きページ)>


「改善の見つけ方」のコンテンツ

販売単価アップ

販売単価UPのための、3つの視点とその分析方法を紹介します。

収量アップ

作付面積の拡大の考え方と、収量ロス構造について紹介します。


労務費ダウン

作業現場のムリ・ムラ・ムダ・を把握し改善を進めるための方法を、豊富な事例とともに紹介します。

農業機械費ダウン

農業機械の活用状況を把握し、買わずに利用することでコストダウンを図る考え方を紹介します。

農業資材費ダウン

肥料・農薬・種苗・圃場資材など、生産に関わる資材のコストダウンの考え方について紹介します。

経費ダウン

外注費、販売管理費といった、間接的な費用のコストダウンの考え方を紹介します。



↓↓↓ 資料のダウンロードには、ご登録が必要となります ↓↓↓

↓↓↓ 資料のダウンロードはこちらから(パスワードご入力)↓↓↓