収量アップ


収量アップは、最もシンプルに稼ぐことに直結し、本質的な取り組みである。

収量アップするためには、作付面積を増やすこと、単位収量をアップすること、の2つに着目し考え方や事例を紹介する。


収量は、作付面積×単位収量(面積あたり収量)の計算式で、あらわすことができる。

したがって、作付面積の増加と単位収量の増加が、収量アップにつながる。

作付面積の増加は、所有面積増加圃場回転率向上に展開される。

 

所有面積を増やすためには、圃場取得や圃場賃貸の費用が発生するので、慎重に検討する必要がある。

一方、圃場回転率向上は、所有している圃場の活用度を有効化することなので、収益向上につながりやすい。

 

圃場の活用度を向上させるためには、収穫後~次作の播種期間の短縮化を図る必要があり、そのための改善施策を検討・実施することで可能となる。年間5作を5.5作に増加することで、作付面積を10%増加できる。

 

単位収量の増加は、圃場面積を有効活用して適正に播種・定植すること、定植後の栽培管理や収穫管理によりロスを最小化すること、に展開される。栽培基準、作業標準を決め、生育状況を確認しながら管理して改善することで、収益向上につなげることが重要となる。

 

ロス率を改善するためには、栽培プロセスごとに、どんなロスが、どの程度発生しているかをロス構造化することが有効となる。ロスを定量的に把握し、優先課題を決めて、改善することで、収量ロスを削減できる。


さらに詳しく

ここから先のコンテンツをご覧いただくには、ご覧いただいている方の情報登録をしていただく必要がございます。

お手数ですが、以下より情報のご登録をお願いいたします。

<上級者向けコンテンツ(パスワード制限付きページ)>


「改善の見つけ方」のコンテンツ

販売単価アップ

販売単価UPのための、3つの視点とその分析方法を紹介します。

収量アップ

作付面積の拡大の考え方と、収量ロス構造について紹介します。


労務費ダウン

作業現場のムリ・ムラ・ムダ・を把握し改善を進めるための方法を、豊富な事例とともに紹介します。

農業機械費ダウン

農業機械の活用状況を把握し、買わずに利用することでコストダウンを図る考え方を紹介します。

農業資材費ダウン

肥料・農薬・種苗・圃場資材など、生産に関わる資材のコストダウンの考え方について紹介します。

経費ダウン

外注費、販売管理費といった、間接的な費用のコストダウンの考え方を紹介します。



↓↓↓ 資料のダウンロードには、ご登録が必要となります ↓↓↓

↓↓↓ 資料のダウンロードはこちらから(パスワードご入力)↓↓↓