改善は順調?


改善は、計画段階で7割決まるといわれる。

 

良い分析をして改善検討し、きちんと改善実行計画を作ることで、良い改善を推進するという意味があるが、その本当の意味は、改善実行計画段階で、きちんと目標値を設定し、改善案を具体化しているか?ということも含まれている。

 

改善実行計画は作っても、実行段階で遅れや目標としたレベルに成果が達しないケースが散見される。そのためにも定期的なモニタリングによる進捗確認は重要な位置づけとなる。


変動要因が多い農業だからこそモニタリングが重要

農業においては、天候など突発的な変動要因が多く、改善計画どおりに進まないことがある。

 

だから進捗確認しても意味がない、という生産者もいるが、変動要因が多いからこそ、農業においてはモニタリングが重要で、迅速に変化・変動に対応することが重要となる。

 

改善計画との差異を、成果面と行動面から評価し、施策を正しく実行したのか?施策実行しても成果がでないのか?を経営者(管理者)が確認し、適切な指示を出すことが重要となる。

時間は後戻りできない

進捗確認しないで3ヶ月過ぎてしまうと、経過した期間は成果が後ズレすることになり、取り戻すことが難しい。毎月、毎週、サイクルを決めてモニタリングして計画遅れを防止する必要がある。

 

 また成果面で、目標に達していないケースでは、改善案自体が正しいのか?追加施策が必要なのか?習熟度が必要なのか?を見極めて、次善策を講じることがポイントとなる。

 

経営者が主体となり、的確なタイミングで、現場の実態を確認し、的確な指示を出せるか?改善を成功に導くかの重要な分岐点となる。


さらに詳しく

ここから先の詳細コンテンツをご覧いただくには、ご覧いただいている方の情報登録をしていただく必要がございます。

お手数ですが、以下より情報のご登録をお願いいたします。

<上級者向けコンテンツ(パスワード制限付きページ)>


「改善のコツ」のコンテンツ

農業改善とは?

問題とは?改善の進め方は? など、改善の基本となる考え方を紹介します。

儲かっているの?

その作物は儲かっている?どのコストがかかりすぎ?

収益構造の基本的な考え方を紹介します。


問題を見つけるには?

現場の現状を分析して問題を把握する方法を、実際の事例を中心に紹介します。

問題を解決するには?

改善案の検討方法や、実際に改善実行するための計画策定の方法を紹介します。

改善は順調?

改善は一日にしてならず。改善の状況を確認しながら、継続的に改善に取り組むためのポイントを紹介します。



↓↓↓ 資料のダウンロードには、ご登録が必要となります ↓↓↓

↓↓↓ 資料のダウンロードはこちらから(パスワードご入力)↓↓↓