■農業改善とは?


農業改善とは、「問題を発見」して「問題解決」することであり、そのためには生産性向上活動を推進する必要がある。

 

農業においても、日々発生する問題から改善すべき課題を設定し、コツコツ改善することが大きな成果につながる。

 

農業においてこそ、日々改善することが求められている。


農業における改善(生産性向上活動)とは、どんなことか?を考えてみる。

 

生産性は、経営資源である人や農業機械、圃場、資材などを投入して、農作物をどの程度産出したか?をあらわす指標である。例えば、農作業2,000時間で、ほうれん草を1,000万円の売上高の場合、生産性(一人時間当たり売上高)は、5,000円/人・時間となる。

 

 生産性向上とは、OUTPUTとINPUTの変換効率を向上することである。具体的には、OUTPUT拡大(例:収量UP、秀品率UPなど)とINPUT削減(作業時間短縮、使用資材量削減、購入単価低減など)が考えられる。

生産性向上を図るポイントは、

 

①    自社の農業経営の特性をふまえた適正な生産性向上指標を設定すること

②    定量的なデータにもとづいて、生産性をモニタリングすること

③    モニタリングした結果にもとづき、要因を分析して改善を推進すること

④    改善した結果を、生産性指標で結果を確認し、適宜、次善策を実施すること

 

である。

 

<主な生産性向上指標>


さらに詳しく

ここから先の詳細コンテンツをご覧いただくには、ご覧いただいている方の情報登録をしていただく必要がございます。

お手数ですが、以下より情報のご登録をお願いいたします。

<上級者向けコンテンツ(パスワード制限付きページ)>


「改善のコツ」のコンテンツ

農業改善とは?

問題とは?改善の進め方は? など、改善の基本となる考え方を紹介します。

儲かっているの?

その作物は儲かっている?どのコストがかかりすぎ?

収益構造の基本的な考え方を紹介します。


問題を見つけるには?

現場の現状を分析して問題を把握する方法を、実際の事例を中心に紹介します。

問題を解決するには?

改善案の検討方法や、実際に改善実行するための計画策定の方法を紹介します。

改善は順調?

改善は一日にしてならず。改善の状況を確認しながら、継続的に改善に取り組むためのポイントを紹介します。



↓↓↓ 資料のダウンロードには、ご登録が必要となります ↓↓↓

↓↓↓ 資料のダウンロードはこちらから(パスワードご入力)↓↓↓